看護WHOoo|患者応対塾・問題解決法
 
転職相談 セミナー募集 看護占い メルマガ
 
看護WHOoo
 
マナー編 クレーム編 メディカルコーチング
1 2 3 4 6 7 8 9 10 11 12
 
院外薬局から看護師の中村さんに電話があった。

「中村さん。今院外処方に来られた患者さんの薬の確認ですが、
おかしくないですか?」
「そうですか?確認します。本当だ、カルテと照合します・・」

事実確認をすると、佐藤医師の書いたカルテの字が読みにくく、
読み間違えていることが判明しました。

 
  中村看護師、しっかりしてよ。
忙しいのだから。ちゃんと確認ぐらいしてよ。
患者さんを待たせたら、こちらの責任になってしまうわ。
 
 
  佐藤医師の書いたカルテ本当に読みにくいし、きちんと書いてくれないのよね。


 
 
問題を考える3つの視点
個人に起因する原因 佐藤医師のカルテの字が乱雑である。
看護師、薬剤師は、読みにくい場合医師に確認の必要がある。
仕組みに起因する原因 カルテ記載の統一がなく、それぞれの医師の判断で略語で指示を出す。
組織に起因する原因 医師とのコミュニケーションが悪く、きちんと聞くことのできない雰囲気が組織に蔓延している。
 
 
改善策

1.カルテの記入方法の統一、特に単位はすべての医師に徹底した方がいい。
2.処方箋等の指示書はできるだけ選択性にし、必要項目にチェックを入れるようにする。
3.看護師と医師との相互連携の強化

 
   
PAGE TOP